娘の子育ての記録

ママと子どものサークルに参加

生後7カ月頃に参加した「子育てサークル」をきっかけに、そこに集まっていたママたちと月に1度集まるようになりました。いつも企画を考えてくれるのは、同級生のママさん。子どもも同じ学年なのので、リアルな子育ての悩みを相談できる大切な友人の1人です。

今月は敬老の日があるので、おじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントを作ることにしました。「お気に入りの写真を1枚持ってきてね」と言われたので、先日母と公園に遊びに行ったときの写真をピックアップ。写真を3枚も入れておける大きめの写真フレームを用意してくれたので、手型と足型をとって左右にペタっと貼り、真中に用意しておいた写真をはめ込みました。

これだけでも十分な出来栄えでしたが、シールやメッセージなどを書き込んで、オリジナリティ溢れる作品に仕上げました。私はイラストを描くのが好きで、娘も「ここに書いて」とばかりに指を差してくるので、あんぱんまんとばきんまんを描いてあげましたが、まだ満足していない様子。仕方なくカレーパンマン、しょくぱんまん、次々とキャラクターを描き足していきました。

後日完成した写真をプレゼントしたら「よくこんなにいろいろ描いたわね」と笑いながら言われてしまいました。小さな子どもは、自分の好きなキャラクターたちを眺めているだけで楽しいようですね。出窓のよく目立つところに置かれた写真立てをじーっと見つめては、「あんぱんまん、いた!」「てんどんまん、いない」など、1人で嬉しそうに話ています。

同じくらいの子どもを持つママと話をする機会を設けることは、非常に意味があります。子育ての悩みを相談するのはもちろんですが、美味しいものを食べながらリフレッシュすれば、日頃の疲れも吹っ飛んでしまいますからね。市町村のホームページに子育てサークルの詳細が掲載されていることもあるので、ぜひ一度参加してみてください。子どもの成長にも効果的だと思いますよ。

おもちゃの貸し借りができるようになる

1歳半頃から「このおもちゃは私のもの」「この携帯電話はママのもの」など、ものの所有について主張するようになってきた娘。近くの遊び場へ連れて行っても、同じくらいの年齢のお友達が近づいてくるだけで、「私の遊んでいるところに来ないで」とばかりに、押したり叩いたりしていました。相手のお母さんにも嫌な顔をされたり、そっとわが子を連れて遠くへ逃げてしまうことが頻繁にあったので、しばらく遊び場や公園は控えていました。

それから2〜3カ月経ったいま、やっとおもちゃの貸し借りができるようになってきたような気がします。先日久しぶりに会った同級生の男の子に「どうぞ」と自分が持っていたブロックを手渡すことができました。そのあとも、次々とおもちゃを手渡しては、満足そうな笑みを浮かべています。

ちょっと強引に押し付けている気もしましたが、相手の男の子もペコっと頭を下げて「ありがとう」のポーズをしてくれたのでひと安心。こうやって友達との交渉ができるようになっていくんでしょうね。たった数カ月の間に成長した娘の姿にビックリしてしまいました。もちろん思いっきり褒めてあげましたよ。

程度少しずつ我慢することを覚えていく娘を見守っていきたいと思います。 私のように「どうしてお友達を叩くの?」「どうしてうちの子は仲良く遊べないの?」と悩んでいるママさんはたくさんいるでしょう。でも、ほとんどの子どもは3歳になる頃には落ち着いてくるようなので、気長に待ってみてください。

パパが大好きな娘

現在、娘は2歳になったのですが、今までは子育ては私がほとんどしていました。 パパが外で仕事をしているので子育てができる時間が限られているので仕方がないのですが、出産するまではあれほど赤ちゃんが生まれてくれるのが待ち遠しいと言っていたのがウソのように娘に関心がない。

娘が2歳になるまではママ友の話を聞く限り、子育ては順調なほうだと思っていたのですが、パパがもう少し子育てに協力的だといいのになあと思っていました。 そんな日に娘がよちよち歩きでパパに近づこうとしています。 まだ、「パパ」とは言えないのですが、「パパ」と呼んでいることはわかります。 そんな姿を見たパパはちょっと恥ずかしい様子。

自分はどんな態度を取ればいいのか迷っているようです。 そこで私は「恥ずかしがらずに遊んであげたら」と提案しました。 すると最初こそ娘とどう遊べばいいかわからない様子でしたが、はしゃいでいる娘を見ているうちにパパも溶け込んでいき、二人で楽しく遊ぶようになりました。

私のように娘のおかげでパパとなる自覚が芽生えることもあるので、気長に待ってみるのもいいです。 本音は赤ちゃんと無邪気に遊びたいと思っているのですが、やはりそれが恥ずかしいという思いもあるようです。 その気持ちもわかってあげるのも大切だと思います。

でもそんなパパでも今は娘に「いないいないばあ」と言って、笑ったり驚いた表情して楽しんでいます。 そして、パパが子育てに協力的になってくれると、私が一人で外出できるようになります。 これは出産のときから数えて2年ぶりです。 この時期から徐々に子育てにも余裕が出てきます。 詳しくはシンママのサイトで確認する

寝返りができるようになる

子供の成長はすさまじく早いのですが、その成長で一番最初に嬉しかったのが寝返りです。 娘が生まれて5ヶ月目のことです。 寝ている娘をふと見ると、なにやらいつもと違う動きをしようとしているではありませんか! それをじ〜〜と見ていると突然、首を上に反り返らせ、体も横向きにし始めました。

そこからなかなか動かすことができないようで、もぞもぞしています。 そこで、娘をそっと押してあげるとやっと寝返りができました。 娘の寝返りを見た私とパパは感動して大声を出してしまいました。 でも、寝返りができたといっても180度回転で止まってしまいます。 つまり、そのままの状態のままにしておくことはできません。

なので赤ちゃんが寝返りしたら、目を離さないようにすることが大切。 途中までで止まっているようでしたら、ママが元の状態に戻してあげてください。 娘の場合は寝返りして元の状態に戻すことができるまでに3ヵ月かかりました。 最初は、180回転の寝返りを何度も繰り返しています。 それからどうやったら元の状態に戻れるようになれるのか自然にできるようになりました。

一旦、寝返りが完全にできるようになると、床の端から端までくるんくるん回って移動していました。 その様子を見ているだけで癒されます。 特に注意してほしいのが睡眠中です。 昼間なら赤ちゃんの様子を注意しながら見ることができるのですが、夜はママも寝ています。 そのときだって赤ちゃんは寝返りをします。

完全に寝返りができないときは、顔を布団にうずくめたまま眠っていることもあります。 この状態のままではいけないので、ママがすぐに気付いてあげることが大切です。 あと、寝具は硬めのものにしてあげると、赤ちゃんが寝返りをしやすくなります。