霰粒腫とはどんな病気

初めての眼科で診察してもらう

先日目をこすりながら「め、め、いたい」と娘が言うのでよく見てみると、まぶたの内側に白くポツンとなっていたので、焦って眼科に連れてきました。 月曜日ということもあり、待合室にはたくさんの人が座っていました。最近は、診察券を出して待合室いるだけで「おうち、かえる」と逃げたがるようになってしまったので、呼ばれるまでしばらく外で待っていることにしました。

受付の方が親切に順番が来る少し前に携帯電話に連絡をしてくれたので、病院内でほとんど待つことなく診察室へ入れました。 もちろん先生を目の前にするなり、大泣きする娘。まぶたの中にポツンと白いものがあることを伝えると、部屋を暗くしてペンライトで照らしながら診察してくれました。

ビックリしたのか急に大人しくなり、やっと先生の声がまともに聞こえるようになったのです。どうやらまつ毛の生え際にあるマイボーム腺というところに脂肪が溜まって白くなっているだけなので、特に治療はいらないとのこと。経過観察で大丈夫ですと言われてホッとしました。

小さな子どもはすぐに体調が変化するだけでなく、痛みや痒みなどに敏感なので扱いが難しいですよね。我が家では「ちょっとおかしいかも…」と思ったら、すぐに専門医に相談するようにしています。大抵の先生は「第一子だと心配だよね」「何かあったら相談してくださいね」とやさしく声をかけてくれます。

なかには「心配しすぎよ。どこが悪いっていうの?」と怒られてしまうことも。大切な我が子を守ることは重要ですが、神経質になりすぎるのもよくないのかもしれません。 ちなみに今回娘がなったのは「霰粒腫」とよばれるものでした。炎症を起こしたり、痛みを伴う場合は治療が必要ですが、基本的には自然治癒するそうです。

ただし、プールなどに入ると他の菌をもらうリスクも高まるので注意が必要だとか。長い子だと3年以上も霰粒腫があるそうですが、小まめに状態をチェックしながら改善するのを待ちたいと思います。