お正月の楽しい行事

初めてのお年玉

小さい頃の「お正月」と言えばお年玉ですよね。親戚が集まると、1人1人からかわいいぽち袋を貰うことができます。でも、一体いくつからお年玉を貰っていたのか…確かではありません。 我が家も夫の実家に集まると、義理の姉の子どもがいるので、お年玉をあげなければなりません。

私は近くに親戚がいなかったので、物心つく頃から5千円、1万円と高額なお年玉をもらっていたのですが、夫は小学生高学年になるまで3千円で十分だと言いはります。心配になってお年玉の相場を調べてみると、幼少の頃は千円から3千円程度。小学生になると5千円前後、中学生から高校生になると1万円になるようです。

うっかり忘れると困るので、銀行で用意しておいたピン札をあんぱんまんのお年玉袋に入れて、1週間も前から夫に手渡しておきました。 「あけましておめでとう」という言葉とともに、娘にはたくさんのお年玉をいだたきました。なかにはクリスマスに会えなかったので、お小遣いを別にくれる方も。

まだまだ周りからもらうことの方が多い我が家ですが、いずれ頂いたお宅には同じような金額を返さなければならないので、自宅に戻ってから夫はしっかり記録を付けていました。 正直そこまで厳密にしなくてもよいのに…と思いますが、日ごろ経理の仕事をしている夫の職業柄仕方ないようですね。

お年玉もそうですが、小さい子どものいる家庭へ送るお年始にも気を遣うことがあります。ママ友も「卵アレルギーの子どもがいるのに、クッキーとかパンケーキはね…」「おせんべいが無難なきもするけど、他のお宅と被ってしまいそうだし…」と悩みが尽きないようでした。

我が家でも、祖父母のお宅へ持って行くお年始と、義理の姉に手渡すお年始を分けて購入しました。ちなみに中身は地域の特産物を使ったお菓子。低アレルゲンなので、小さい子どもが口にしても安心だそうです。贈りものを選ぶときは、店員さんに聞いてみると丁寧に教えてくれますよ。