赤ちゃんの洋服選び

子どものアイテムの上手な買い方

本格的に寒くなってきたので、子どものクローゼットを整理して、衣替えすることにしました。「来年も着られるように…」と購入していた洋服は、ほとんど80pだったので、今年はほとんど買わなくても大丈夫だろうと思っていましたが、子どもの成長は早いものですね。

試しに着させてみたら、へそが出てしまうだけでなく、袖もつんつるてん。家の中でパジャマ代わりに着るならよいですが、外にでるのはちょっと可愛そうなレベルでした。ただ、ズボンやスカートは80pでもまだ着られそうなので、トップスだけ買い足してあげることにしました。

実はこれまで知り合いの子どもが着なくなった洋服をもらっていたので、あまり新品のアイテムを購入していませんでしたが、そろそろオシャレを楽しめる年齢になってきたので、Gapなどのショップを利用してみることにしたのです。定価はちょっと高めですが、セールやお得なクーポンを利用すると、驚くほどリーズナブルな値段で購入できるのが魅力的。

最寄駅のデパートにショップがあったので、小まめに値下げ商品をチェックしていたら、お気に入りのトップスやチュニックをゲットできましたよ。 大型店でないとキッズ・ベビー用品を取り扱っていないので、遠くまでまで足を延ばして子どもの好きなキャラクターアイテムを購入しました。

もちろんネットショッピングも楽しめますが、店舗まで行った方が絶対にお得商品をゲットできます。先日は定価1500円程度のズボンが500円で売られていました。生地もしっかりしているので、冬場でも防寒服として活躍してくれそうですよ。なかなか頻繁に立ち寄れないので、気に行ったデザインのアイテムは色違いまで買ってしまいました。 すぐに大きくなってしまうから…とオシャレを楽しまないのは絶対に損です。お気に入りのショップを見つけて、お得なアイテムをゲットしてみてください。

赤ちゃんと外出するときの持ち物

さて、赤ちゃんの洋服が決まったら外に出かけましょう。 赤ちゃんを連れて出掛ける時には、色々用意が必要です。 まず、ミルク用品ですが、生後半年は消毒の必要があるので、出先で洗浄と消毒が出来ない場合は、消毒済みの哺乳瓶を授乳の回数分持って行かなくてはいけません。

荷物が多過ぎて大変な場合は、あまり一般的ではありませんが、使い捨ての哺乳瓶もあります。 粉ミルクは、飲ませる分量を小分けにして、ミルカーという粉ミルク用の容器に入れるか、最初から小分けになっているものを用意します。 粉ミルクを入れる容器は、嵩張らないビニール製のものもあります。 ミルカーは、百円ショップでも購入出来ます。

私は、ミルカーを使用していましたが、夜間の授乳の為にあらかじめミルクを小分けしておく時にも使いました。 次に、お湯と水ですが、外出先では中々煮沸されたものは手に入りませんので、持参しなくてはいけません。 水は、市販の調乳用のペットボトルの水を持って行っていました。

お湯は、自宅で煮沸した後、調乳用の魔法瓶に入れて持参していました。 調乳用の魔法瓶は、70℃以上で6時間くらい保温してくれるものを育児用品売り場で購入しました。 他に、ガーゼやフェイスタオルなども何枚か持参した方がいいでしょう。

オムツを数枚と携帯用のお尻拭きも必要です。オムツ換えシートも持参すると安心です。 汚してしまった時の為に、着替え一式も持って行った方がいいと思います。 赤ちゃんが眠ってしまった時の為に、小さなひざ掛けなど布団代わりに掛けるものもあった方がいいでしょう。

他には、除菌のウエットティッシュやビニール袋なども持参すると便利です。 低月齢の内は、長時間の外出は避けた方がいいのですが、止むを得ず長時間外出する場合は念の為母子手帳も持って行きましょう。

ベビーカーの種類と選び方

赤ちゃんの洋服を選ぶときと同様に悩むのがベビーカーの選び方です。 ベビーカーには、大きく分けて、生後1ヶ月から乗れるA型と生後半年頃の腰が据わってから乗れるB型があります。 対面式に出来るものや、ベビーシート(チャイルドシートの新生児期から対応のものです)などになる多機能のものもあります。

私が購入したベビーカーは、座面がフラットになり生後1ヶ月から使用出来るA型のもので、対面式には出来ないものでした。 夏場に購入したので、座面が通常のものより高い位置にあるのも選んだ理由です。 私に限ってかもしれませんが、結果は失敗だったと思います。

夏場には、低月齢の赤ちゃんを連れての外出は殆どしませんでしたし、首が据わってからは抱っこ紐ばかり使っていました。 抱っこ紐だと、電車に乗ろうがデパートに行こうが泣かない娘が、ベビーカーだとかなり泣いたからです。

赤ちゃんによって、平気な子も苦手な子もいるようですので、産んでから赤ちゃんの様子を見て購入する時期を決めた方がいいと思います。 うちの娘の場合、生後半年から使用出来るB型のもので十分でした。 B型の方が安価で軽量なものが多いですので、よく考えてから購入してください。

対面式に出来ないのも失敗したと感じたところです。 赤ちゃんが小さい内は、対面式の方がお互いに安心です。 私が購入したベビーカーは対面式に出来なかった為、娘が不安で愚図る度に、止まって前に回り込み安心させていました。

A型の購入を検討している方には、対面式に出来るタイプのものをお勧めします。 良かった点は、折り畳んだ時に自立することです。 玄関の中に収納する時や、外出中に折り畳む必要が出来た時などに、自立するタイプはとても便利です。 長く使うものですので、可能なら店頭で実物を見てから購入した方がいいと思います。